大阪 観光

長居公園

長居公園周辺は、大阪市の中では緑も多く、散歩をしたりするのにもいいです。木々を眺めながら散歩するのもゆったりとした気持ちになります。都会での旅行の途中で人に疲れた時ちょっとしたリフレッシュができる場所です。足がパンパンになってた時は、運動不足解消とむくみを取る為にジョギングもしたことがあります。
私は以前近くに住んでいたこともあり、ランニングをするのに長居公園周辺へよく行っていました。長居公園は道も広くて、人もそれ程多くありませんので、ランニングをするのにはとてもいい場所でした。
長居公園には桜の木がたくさん植えてあり、桜の咲く季節には多くの人で賑わい、土地も広いですので、花見をするのにはとてもいい場所です。電車でのアクセスも大阪市営地下鉄の長居公園駅がありますので、アクセスしやすいです。

大阪道頓堀

食い倒れ大阪と言われる大阪ですからやはり「大阪道頓堀」に行かなきゃ損です。
友人と初めて大阪を旅行した時、気の合う女の二人旅ですから「食」も遠慮なく食べたいものを食べる訳です。
「まずはたこ焼きを食べよう」と道頓堀を歩くのですが、たこ焼きの屋台があまりに多すぎてどのお店が美味しいのか全くわかりません。
まずは1軒目をスルー、2軒目も意味無くスルー、どうやって屋台を決めようか悩みましたが「一番行列のある屋台しよう。みんな美味しいから並んでいるんだもんね。」と言う事で20人位並んでいる屋台の一番後ろに並びました。
並ぶ事20~30分ほどで順番が回ってきたので、たこ焼きを2つ買って食べました。
が!私達があまりに期待しすぎていたのか、それとも屋台を間違えてしまったのか、味はふつうでした。
味はふつうでしたが、行列に並んでいる間周りの人達の会話がみなさん大阪弁。
20~30分しか聞いていませんでしたが、うつるものですね~。
私達もイントネーションがなんか大阪弁になってしまいました。
標準語を話す私達からすると、関西弁て可愛く聞こえるんです。
その為、そのあとの旅行はずっとニセ大阪弁を話て現地の人間になったつもりで旅行を楽しみました。

大阪はあまりにも食べ物が美味しいので、ちょっと食べ過ぎてしまったなぁ〜と反省。
でも、こんな風に食べ過ぎた次の日こそ酵素ダイエット 効果が発揮されるチャンスかも!流行りのグリーンスムージーもいいけれど、何せ毎日作るのが面倒なので私はてっとり早く酵素ドリンクを飲んでます。かなり美味しいし、おすすめ。

戎橋

やはりテレビなどで大阪というと、いつもあのグリコの看板を背に、インタビューなどを受けているシーンを見かけるので、大阪へ行くのならぜひ一度は行ってみたいものだなとつねづね思っていました。今回は、お世話になっている人からのカタログギフトで旅行が選べたのでやってきました。

あのグリコの看板、もちろんこれといって何のへんてつもない看板といえば看板なのですが、妙に感動したことをおぼえています。
また、ナンパ橋と呼ばれるほどナンパが盛んだというのでそれもちょっと楽しみにしていたのですが、残念ながらその時は見かけることはできませんでした。当時はまだ川の底に沈んでいたはずのカーネルサンダースに思いをはせながら、川をじっと眺めていたのも楽しい思い出です。
とにかく周辺にも店や人が多く賑やかで、行ってみて損はなかったと満足することができたと思います。

咲くやこの花館

国際花と緑の博覧会で知りました。たくさんあったアトラクションのうち、閉会後にも残っているのはこの館だけです。館内には世界の珍しい植物が集められていて、とくに人食い植物が見ものです。一通り館内を巡っていけるように道順になっていて、ひとつのアトラクションとして植物を楽しめることでしょう。ジャングルにやってきたかのような感覚も体験できます。ただ、このアトラクションだけでは2時間もあれば見終わってしまうため、鶴見緑地プールや三井アウトレットパークを予定してもよいでしょう。たんにジャングルにやってきたかのような感覚だけなら、USJにもあるらしいので、そのほうがよいかもしれません。アクセスは電車よりも車のほうがおすすめです。